報告が遅くなりましたが、1月18日(土)と25日(土)の2週続けて、慰問公演の場をいただきました。

八重山民謡を少しでもうまく唄えるようになりたいと思っている我々にとっては、人前で披露する貴重な機会であります。
しかし、それ以上に高齢者の方々との出会いがあり、毎回感動しています。

今回聴いていただいた高齢者の方から言われたことが、
我々の演目を見て、「孫の姿を思い出すよ」と涙ながらに話していただきました。
逆に我々も、「両親は元気にしてるだろうか」「祖父母は元気にしてるだろうか」と思い出しながら唄い踊っていました。

今さらながら、
八重山民謡を学び上手に唄うことは大事なことですが、“唄う”ということにはそれ以上に大事なものがあることを実感し始めた、今日このごろです。。。


■1/18 高齢者施設でのミニコンサート

1月18日(土)は、「なごやか志村」という施設で50分の演奏会でした。
施設を利用される方、40名近くお集まりいただきました。

今回は6名で参加しました。

最初に、会の紹介と、我々が普段練習している八重山民謡の紹介。

八重山民謡といえば、“ゆんた”。
オープニングは、「こいなゆんた」

IMG_3505

続いて、多くの方がご存知だった「安里屋ゆんた」を皆さんと歌いました。
その後、踊り「繁昌節~とぅまた松節」「与那国ぬ猫小」が続きます。

IMG_3492


独唱は、今年コンクール最高賞部門を目指している、KBさんの「崎山節」
緊張の空気が漂い、力が入ります。。。皆さん、静かにしみじみと聞いてらっしゃいました。

IMG_3500


しんみりしたところで、
「ふるさと」をみんなで合唱♪
アルトパートのOGさんの声が気持ちのよいハーモニーを奏でてくれます。

最後のフィナーレは、「さよなら港」
施設のスタッフの方、皆さん、見様見真似で手踊りで盛り上がりました。

IMG_3531



■1/25 『町屋の森芸術祭』での発表

いつも利用させていただいている、町屋ふれあい館にて、
今回は4名で参加させていただきました。

IMG_20200118_214900


観客は30~40名くらいいらっしゃいました。今回は、大人の方がメインです。
15分という短い時間でしたが、発表をさせていただきました。

1


皆さんご存知の
『新安里屋ゆんた』『安里屋ゆんた』からスタート♪

2

『与那国ぬ猫小』の踊りを楽しんでいただき。

3

『ふるさと』を皆さんと一緒に合唱♪
昨年入会された、Mさんによるアルトパートがハモリ♬ます(笑)

4


そして、最後は恒例となりつつある、『さよなら港』でフィナーレ♪

5

6


皆さんからは、「楽しかった~」「さよなら港がよかった~」という感想をいただきました。
このような機会をいただきまして、ありがとうございました。